初代たまごっちの復刻版が出現しました(*´∀`*)

全6色の展開でデザインは全く一緒でサイズが80%になりましたので20%小さくなり、トレーニングが廃止されました。

トレーニングがめんどくさいと感じていた人には、税込1620円ですので、任天堂クラシックミニみたいに一回買って懐かしさを楽しむのもありですね。

たまごっちは今30歳あたりが一番たまごっちが流行った世代ですね。あの時は多分初の育成型ゲームだったと思いますし男女問わず誰もがハマったのではないでしょうか?値段が当時2000円ぐらいでしたので、安くなりコンパクトになったのはありがたい。

ただし、たまごっち復刻版のミニたまごっちの仕様はトレーニングが廃止され、ウンチを流すアイコンなどが存在しなく、、病気などの症状があらわれたときは、左ボタンを押すと解決するシンプル設計になっています。

そして年が表示されなくなっています。まーいつ育てだしたか覚えているか、メモなどに書いておけば歳は分りますので問題ないです。そしてご飯を食べても体重表示がありません。ご飯やお菓子を食べさせて太らせることによって進化するキャラクターが変わったかもしれませんが、今回もそうだとしたら、ミニたまごっちはキャラクターが運動を自動でしていると仮定してご飯を適度に与えたり、与えなかったりしなさい。

それによりやりすぎたらこんなキャラクターになりますよっとなるのだと思います。トレーニングや体重表示を廃止したことにより、ご飯あげたかな?お腹すいてないかな?やり過ぎてないかなといった没入感をアップさせたかったのかもしれませんね。

 

しかしたまごっちとはねー!まーデジモンの復刻版もそろそろ発売する頃だから出ても普通かもしれませんが進化しないで発売とはねー。安く売るために追加で機能などはいちいち作らなくていいやということでしょう。

 

しかし懐かしいですね~(*´∀`*)小さくなっているのでキーホルダーとして何かに着けるのは良いかもしれません。丸い系のバックなんかに良いのではないでしょうか?男性ならつける人はほぼいないかもしれませんが、女性の方なんかには、可愛いのでバックなんかに付けるのがオススメです。

ただし着けていて、復刻版たまごっちが発売したって知らない人から見ると、今時たまごっちをぶら下げてるよとか誤解されて馬鹿にされる恐れもありますので気をつけてください。

たまごっちの歴史