キネクトというXbox版PSカメラ的な感じをしようしてゲームを楽しむのです。、キネクトの魅力はPSカメラより高性能です。

キネクトは手ぶらで自分自身の頭~足までコントローラーにできるやつで、動きそのものな感じなのでWiiモーションコントローラーより細かい動きができますので、より技術がいるので差が出て面白いです。

 

キネクトスポーツ

ビーチバレー
ボクシング
卓球
サッカー
ボウリング
陸上競技(短距離、ハードル、槍投げ、走り幅跳び、円盤投げ)短距離は100m
ボクシングはパンチの動きは現実さながらですが、卓球、ボウリングはなぜかWiiスポーツリゾートの方が細かいです。

ビーチバレーに関してもブロック、アタックともにちゃんと向きを整えてないと変なとこに飛んでいきます。

サッカーに至ってはゴールキーパーのボール止めるときの手の動きは現実さながらなんですが、パスに関してはただどこにパスするか?選択してパスだけの単純なゲームになっていますが、シュートするときは現実に近い感じでシュートができます。
陸上では走るときはその場で足踏みして、足踏みが早いほうが速く走れます。

陸上はマジで面白いです。

キネクトスポーツ2

アメフト
野球
ゴルフ
ダーツ
テニス
スキー

2は結構アシストされていてWiiコントローラーとモーション+の間ぐらいです。

 

キネクトスポーツライバルズ(XboxONE)

サッカー
クライミング
ターゲットシューティング
テニス
ボウリング
ウェイクボード

次世代起用にキネクトも進化して発売したのですが、特に動きの進化は感じられませんでした。
新しいキネクトは指の動きまで正確に感じ取れるようになったものの、キネクトスポーツ2よりは新しいキネクトは細かくなっていましたが、進化を感じませんでした。

TVに向かってなんでやねんっ((((;゚Д゚))))(`Δ´)!てキレてしまいましたが、ボウリングはWiiスポーツリゾートの方が上です。

ですが今後新しいキネクトにより続編などが発売したら指先のスピードなども検知してより細かいゲームを作ってくると思います。

体感型のコントローラーという面ではXboxOneのキネクトが一番です。

今後のキネクト対応ソフトに期待してるんですが、VRには没入感は圧倒的に負けてしまいますが、現在開発中のプレステ4プロ的な位置づけだと思われる、スコルピオというやつを作っていて2017のホリデーシーズン発売する予定と言っており、VRにも対応するようですので、たぶんオキュラスリフトなどのパソコン用のVRをすべて対応させるんじゃないかと思います。

それ+キネクトということになるのか分かりませんが、そうなるかもしれません。