iPhone Xが先日発表されましてもうすぐ発売になるのですが、初代iPhoneが生まれて、どんどん進化して今があるのですが、今後の10年の当たり前を作り出したのはiPhoneなのです。

そしてiPhone Xこと、iPhoneテンも同様に今後の10年のスマホの当たり前の第一歩目となるスマホになるでしょう。

処理能力はどこよりも速く、少し高性能のノートPCなら超えてしまうとてつもない処理能力であります。

もちろんぱ処理能力だけが全てではなく、機能的にPCじゃないと出来ないやつも多いのですが、処理能力ではアップルのMacBook Proレベルあるようです。処理能力が高ければ、ロードの時間は速くなるのはもちろん、いろんなことができるようになります。

もしかしたらマジでPC並に何でもできるかもしれません。今でもスマホ一台あればPCとあまり変わらない使い勝手になっているので、Pcレベルのスマホが出てくるのは流れから言って当たり前かもしれません。

では微妙に前置きが長くなりましたが、スマホが今後どのように変わっていくかを推測しました。

 

 

カメラ

iPhone Xではカメラは写真のみですが写真を撮った時に人間にピントを合わせて背景を真っ暗などにしてくれるといったことが出来るようになって、編集などして、背景を黒などにしなくても自動でそういうふうにする機能が新しいディアルカメラに搭載されています。

その機能は大したことじゃないのですが、カメラはフェイスIDの機能を利用して、もう少し進化すると、道の距離までなどを正確に認識してくれて、心拍数など図る機器がありますが、それと連動し、あなたはこの道を行けば疲れずに済みますよっや

ナビゲーションアプリなどを起動するとき、建物や道などを写真で撮っておくとこの形状をアプリが記憶して、サングラス型のメガネのGoogleグラス的なARの普通のメガネ型のディスプレイにスマホから遠隔で映像だけサングラス、又はメガネに送られてナビゲーションの画面が出てくるようになるでしょう。

もしフェイスIDじゃなくただ単にAIが進化して写真を撮れば、それをAIが場所を特定し案内してくれるかもしれません。

 

そして正確ではないかもしれませんが、顔を撮影するとっ表情筋を読み取り、相手が怒っているのか、笑っているのかの、本心を見抜けるようになるかもしれません。

なので本当に〇〇と思ってるとカメラを向けると分かるようになるかもしれません。一種の嘘発見器になりえます。これが本心を数値化してくれるともっと面白いですね。

 

 

形状

形状は今までの使い方でも出来ると思いますが、野球選手などが腕によく巻きつけている形状のバンドを腕に巻きつけるやつで厚さの1ミリの遠隔操作専用のデスプレイが登場するのではないかと思っています。

スマホはポケットなどに入れておき、映像のデータをインターなどの無線方式でデータを飛ばして、腕に巻きつけたディスプレイでも操作できるようになるでしょう。

そうなってくると皆そうしたらがるのでスマホのデザインにこだわる企業も減っていき、データを飛ばすスマホもどれも似たようなデザインになることも考えられます。

腕に巻きつけるやつは、もちろん1ミリならスピーカやマイクを付けるのは難しいと思いますので、その際は5ミリとかなってしまうと思います。

 

買い物

フェイスIDを利用して自分の声も登録しておいて、口の動きも判断できますので、欲しいものの商品ページを開いて・・・買うというだけで口の動き声を認識して決済してくれるようになるでしょう。

しかし続けて2回言うこともあるでしょう。そんな時2回続けて行ってしまった場合はアラームが鳴り本当に2個買いますかと聞いてくれますので、安心して買い物ができることでしょう。

 

 

 

ゲーム

iPhone XではAR用のアプリストア的なニュアンスで発表していました。

今までもARのゲームなどもありはしましたが、質が良いゲームがなかったと思います。ARは現実の映像上何かを動かすものですが、ゲームなら背景は自分が撮っている実際の背景でレースゲームをしたり、その他いろいろなゲームをしたりするものですが、DSでもプレステVitaでも、プレステ2、3、4、などでも大したゲームは出出ていなかったと思います。しかも数が少ない。

確かに背景が実写で没入感があっても背景としてぐらいしか処理のうろくの問題からか?使えていなかった。

がっしかしiPhone Xでは、たぶん背景にできるのはもちろん、それをゲームないの建物だと認識してくれて、その建物の中に入ったら、それにあった戦い方ができるのではないかと思っています。

例えばカメラで撮影しどこか建物に入り階段があった場合階段と認識してキャラクターが階段を登ることができ、そのステージを利用してアクションゲームなどが行えるようになるんじゃないかと思います。

そうなてってくるとステージは自分テチで作るゲームになりますね。

そうなれば開発者はステージを作らなくてもゲームがを作ることができます。

もちろん基本は作っていてARとのコラボ的なやつもアリだと思います。

なのでこういったゲーム専用のARアプリストアを作ると思います。

ゲームじゃないARアプリは普通に今まであるやつとあんり変わんないと思うのでそのままするかもしれないですが、

今までのARゲームは別にそれ専用のストアと、ステージなどを利用して遊べる本格的なストアを2つ作るんじゃないかと思っています。