デッドライジングはサバイバルで72時間決められた場所で生き抜くといったゲームです。

ストーリーは大したことはないのですが、ゾンビの数がかなり多く、バイオハザードの20倍ほどいます。普通の広さの廊下など歩こうものなら、近づくとゾンビは追いかけてきますので、そんな狭いで逃げようものならゾンビに当たりまくるのも当たり前で、満員電車状態です。

こんなに数が多いと倒した時の爽快感は凄いものがあります。

そして別に倒さなくてもいいボスが、それぞれ個性的なキャラクターです。
ゾンビゲームのボスキャラではずば抜けて個性が強いです。

ゾンビの多さ&ボスがデッドライジングの魅力です。

あと、少し面倒なのがボス戦に挑むさい、レベルを上げておかなければ厳しい相手もいますので、それがめんどくさいです。バイオハザードなどは普通に進めていけば自然にレベルがちょうどいい具合に上がって行きますが、デッドライジングはそこまで順調にレベルは上がりません。

しかしレベルを上げるための経験値を貯めるのは早く貯まります。貯める方法はカメラでゾンビを撮ることです。
多くのゾンビを写真に写すとより多くの経験値が手に入りますので、いちいちRPGみたいに戦ってレベル上げする必要はありませんので、そんな苦ではないです。