ホライゾン ゼロ ドーンは大自然を舞台とした人類が崩壊してから1000年が経った地中でして文明が一回栄えて滅んだのが物語となっています。

そして狩りをテーマとしたオープンワールドゲームで、地上を支配する機械のけものを狩っていくゲームです。

『地上を支配するという機械の獣』という近未来の要素がふんだんに取り入れられていて、今までに遊んだこの種のゲームとは一線を画すものとなっています。

人口は急速に減少し、ビルなどの建物は朽ち果て、その代わり豊かな自然と地球を支配する巨大な機械獣たちに溢れています。

なぜ人類は衰退しなければならなかったのか?という世界の真実を探るべく、機械獣や、それを裏で操る謎の脅威に立ち向かっていくという物語となっています。

そしてグラフィックが超綺麗でゲーム業界ではトップクラスのグラフィックとなっています。

 

牛やヒョウ、ハゲタカやワニのような動きをする様々な形をした機械獣がいます。敵はほかに人間も出てきますが機械獣ばっかりです。人によては敵の見た目に大きな変化がないので、的に飽きる人も出てくると思うのですが、それを感じさせない動きの自由度が高めたゲーム性としても楽しめますので、問題はないでしょう。

 

猛獣たちは種類によって行動や整体が大きく異なるのが大きな特徴で、群れで行動する動物もいれば、単独で行動しすぐに襲い掛かってくるやつもいますので、ドッキドキです。

本作は「弓」 「矢」 「スリング」 「ラトラー」 「トップキャスター」などの機械獣を狩るための様々な道具が登場します。

それを戦闘中に状況に応じて切り替えながら戦っていくのがスリリングで面白い。

狩りゲームでは、モンスターハンター以来の名作だと思います。

ありそうで今までなかったタイプのゲームで、映画をプレーしている感じで達成感がこのゲームにはありました。