プレステ4とWii Uを買うときに安い方を買おうと思ってWii Uを選ぶ人がいますが、安いのは断然プレステ4です。

もちろんゲームが体験できるとまでしか考えないならWII Uの方が6千円ぐらい安いですし、オンライン対戦も無料でできるので良いのですが、

プレステ4の場合は新品で税込3万3千円ほどですし、プレステ4はゲーム録画も本体のみで出来ます。

ゲーム録画でも安いやつでも5千円ぐらいしますのでWii Uで録画したいのなら別に買わなくちゃなりません。

それにWii Uは本体容量が32ギガまでのやつまでしかありません。   それに対しプレステ4は100ギガ程度はゲームのシステム等に使っていいるため500ギガのうち400ギガぐらいしか使用はできませんが、32と比べたら100倍以上あります。

Wii Uは32ギガですが半分ぐらいゲームのシステム等に取られているため16ギガ程度しか使えません。これだとソフトしだいですが、数本ダウンロードしていたら満杯になってしまいます。そうなってくるといざという時に消さないといけませんので厄介です。

もしハードディスクで500ギガ用意するとなると5千円ぐらいかかってしまいます。

おまけにPS2~そうですが、PS2ならDVDやPS3~BDも観れます。XboxOneも観れます。プレイヤーのみでも買おうとしても最低でも3千円ぐらいはします。

このようなことを踏まえたら断然プレステ4の方が安いのです。

DVDプレイヤーがないから今度買おうゲームいっぱいダウンロードしたい人はプレステ4の方が絶対お勧めです。

しかも任天堂のハードで出来るゲームとなると子供向けゲームが多いです。

大人が楽しめるソフトは残念ながらほとんどありません。

 

それに対しPS4、XboxOneはゲームの種類も多いし大人が楽しめるゲームが豊富です。

しかもXboxOne Sの新型はPS4proで4Kでゲームができるようになったのに対し、XboxOneはXboxOne Sの新型で4Kのゲームが実現してるしPS4proでも4Kブルーレイに対応していないのにXboxOne Sは4Kブルーレイにも対応しているんです。しかもそれがPS4と一緒の値段なんですから驚きです。Wii Uはボロ負けです。

Xboxはマイクロソフトが販売しているゲーム機ですが、Xbox時代から不思議と日本人では極端にプレステと比べたら人気がないんですねこれが((((;゚Д゚))))

Xboxの出た頃はプレステが普及していたこともあり、同じレベルのゲーム機が他社で発売したところで、買わないのは当たり前ですが、PS3とXbox360でゲームとして考えたならば、Xbox360の方が上なのに日本人はプレステ3にこだわっているのが現状です。

Xbox360~はPS3でも実現していない手ぶらで手足の動きを使って、自分の動きがコントローラーで、動きそのままがゲームに反映されるというキネクトという画期的なゲーム体験をオプションで周辺機器として1万円ほどかかってはしまいますが、当時では次世代のゲーム体験として発売されているのにも関わらず、PS3でPSmoveコントローラーを2本買って、本体も買う人がほとんどです。

PS3の方がゲーム自体のグラフィックは最高ではXbox360を上回ると言われていたらしいのですが、実際のところ、PS3はセルといったCPUを東芝と共同開発したやつを搭載していたため、新しやつのため、ソニーは自分たちで作った新しいCPUであることから、困ることなく、ソフトを作れるかもしれませんが、

他社がソフトを作るには新しいCPUということもあって、慣れていないということもあり、ソフトを作るのに時間がかかってしまうために、ほとんどのソフトが1080Pのフルハイビジョンではなく720Pのハイビジョンとなり、結果的にXbox360よりも画質が同じゲームでも低い画質になるはめになってしまいました。

Xbox360はBD,DVDを再生できませんでしたが、オンラインは対戦するには月500ほどかかりはしましたが、DVDなどはブルーレイレコーダーなので観ているのにも関わらずPS3を選ぶ人があまりにも多すぎます。

その悪夢はXboxOneでも健在です。

しかし今回はPS4もCPUなどPC向けの作りなので、作る方もPCからそのまま移植もしやすいしPC向けなので、ソフトを作る側もパソコンというのは昔からノウハウなどがあるので、スムーズに作れますので、1080Pの出力でのソフトもPS3の時よりも比べ物にならないくらい出てきています。現在のところ、1080Pが圧倒的に多く作られています。

それに加えてグラフィック自体ももちろんPS3より上だし、Ps4とXboxOneでも、処理能力、グラフィックともにXboxOneよりPS4が勝っていますしPSVRもあるのですから、今回に至っては今のところPS4の方がフールーなどオンライン動画サービスなどのいろいろなアプリはXboxOneの方が数、種類は勝っていますが、それ以外はPS4が勝っていいるので、PS4の方が良いです。

 

しかしXboxOneも侮ってはいけません。XboxOneはVRに本体が対応すると発表されていました。

ということはフェイスブックがオキュラス社を買収して手に入れた、VRのオキュラスリフトなどのPCに接続するVRを連動させ、XboxOneで発売するソフトをVRゲームとして楽しむことが出来るようになるかもしれませんし、

推測ですがマイクロソフトはVRとは逆のホログラムでゲームが出来るものも30万するようですが作っているため、XboxOneとホログラムゲームを連動できるようになるかもしれません。

ホログラムとはVRはゲームなどの映像の中に入り込んだような感じでその世界感を味わえるものに対しホログラムは現実の世界に、映像でしかも立現実をのもの立体で出現させることができるものです。

そのため世界観はVRに負けるものの、自分の部屋ゾンビが来たり芸能人が来たりということが出来てしまいます。工夫次第ではVRのように360°映像を楽しむことができます。

ただし机などに映像が映ってしまったときは机の出っ張っているところなら、少し歪んだりするものなんですが、2017年3月に発売世予定の任天堂スイッチが発売しますが、任天堂がホログラムかただプロジェクターのように映し出すやつか分かりませんが、机なのに映しても映像が歪まない特許を取ろうとしているみたいです。

こうなってくるとスイッチももしかしたらホログラムか?VRとホログラムの間かてきやつなのか?と期待しちゃいますね。

 

Wiiの時も詳細は隠していましたからとんでもない機能を備えてきそうでワクワクしています。

 

その為に、XboxOneはHDMI入力端子も付いていますが、それだけであんな馬鹿でかい本体と、カステラと呼ばれている馬鹿でかいアダプターになるとPCについては詳しくないので、そこまで分からないですが、そうなんじゃないかなと思います。

Wii UがソーセージならPS4、XboxOneは焼いたウインナーぐらい違いとしてはあります。もちろん凄さで言ったらウインナーどころではないです。

 

ただしオンライン対戦はPS4、XboxOne共に一ヶ月単位だと500円ほど有料になりますが、それに加入することにより、最新ゲームが50%オフで買えたり、タダだったりしますので、買わない買うにしろ平均しても500円以上の価値はほとんどの人がありと思えるソフトが旧作最新作に限らず揃っております。