PSVRはヤバすぎます。マジでゲームの中に入り込んでます。

しかしVRは12歳以上が対象ですので12歳未満のお子様は使用しないようにしたほうが絶対にいいです。

小さい子供が使用するなら一日1分とかぐらいにしておかないと、近視になったりします。

近視になってしまうと近くのものがボヤけて見えるような目になったり、2D、3Dの区別がつきにくい目になるんだそうですので、そうなってしまうと、事故も多くするだろうし、立体感が解りにくいと人生の面白さがかなり減ってしまいますのでくれぐれも12才を守って下さい。

それとPSVRをプレイするにはPS4とPS4用のPSカメラも必要ですが、12歳以上の方でプレステVRを買うかどうか迷ってる方は絶対に買ったほうがいいかと思います。絶対価格以上の価値がそこにはあります。

イメージはこんな感じ

 

しかしまだソフトはあまり揃っていませんのですが、11月の終わり頃からはどんどん名作も発売されていきます。11月29日に発売のファイナルファンタジ15もVRにも対応と公式で発表しています。

できればモンスターハンターも対応して欲しいところですがこれはまだ先でしょうね。

VRはゲームの中に入り込んでいるため、宇宙で戦っているゲームなどでは、これは現実なんだと自分に思い込ませることにより、より恐怖感が出てきます。落ちたらどうしようと不安が襲い掛かり心臓が止まるかと思いました。それくらいヤバく没入感が半端ないです。((((;゚Д゚))))

 

ゲームの中に入りキャラクターを動かすことができますのでヤバすぎます。草の生えまくっているところに入ると目に入ってくるかと思いました(°д°)

そしてPSVRはシネマモードといってVR以外のゲームやビデオなどは映画館で観てるような感じでウルトラ大画面のスクリーンが現れて観る事ができます。

これは大迫力です。映画館のように座席、人などは映らなく周りが真っ暗状態になりますが映画館で見てる感じを味わえちゃいます。

しかもPSVRは音も3DなのでVRゲーム以外でも力を発揮してくれます。

 

VRではカラオケもVRに対応していて歌手の人と一緒に舞台で歌っている気分になり歌えたりもできるし、PSVRで対応するかは分かりませんが、今後アダルトにも注目ですね。

オナニーは電動オナホールに任せて、バーチャルでセックスできれば、ほぼ同じようなものです。

今後有名女優とVRセックスとういソフトも続々と発売されていくでしょう。

ゲオやツタヤの18禁コーナーに行列ができる日が訪れるかもしれません。今まではそんなことはありませんでしたからね。

不思議なことではないですが、新鮮なので行列をみたら面白くて笑ってしまうかもしれません。

しかしVRのメインはやっぱりゲームでしょう。だって現実では例えばゾンビとは出会わないのですから、それが実現できてしまうのですもんね。

それとドラゴンボールをVRで販売して欲しいところでしょう。

男性ならほとんどの方が、かめはめ波となりきって遊んだこともあるでしょう。悟空などになりきって本当に自分が、かめはめ波を撃っている気分になれます。

ゲームの次に旅行系かシュミレーション系の次にアダルトが来るんじゃないかと思います。

 

アダルト業界は儲かりまくるでしょう。そりゃーそうでしょうね。だって人間の3大欲求の一つでもある性欲がVRになったらたまったもんじゃないですよね。VRはドラえもんの道具なようなものです。

しかしPSVRはPS4とPS4用のPSカメラが必要なので全部揃えると税込8万6千円ほどかかりますので、PSVRやオキュラスリフトほど奥行はなどはないある程度のクオリティーならスマホ版でもでも安いやつで1000円からあります。

スマホ用の中でも一番いいのは1万2千円ほどでスマホのギャラクシーのみでS6~しか対応していないやつですがGear(ギア)VRがあります。

%e3%82%ae%e3%82%a2vr%ef%bc%93

私は2世代目を買ったのですが、オキュラスストアは共通のようです。

ギアVRはスマホを取り付けるところにマイクロUSBの差し込むやつがありますので、それにギャラクシーを差し込んだ状態で装着すると自動でVRモードに突入となります。

奥行具合はスマホ用とは思えないぐらい格安スマホ用VRとは別格で良かったです。PSVRとほとんど奥行だけは変わらなかったです。

しかしながらアプリは2年ぐらい前からギアVRがあるので300ぐらいコンテンツはあるのですが、全部は試していないので詳しくは分からないのですが、20個ほど有料の良さそうで人気があるやつを試しに買ってみたのですが、ゲームでは3つしか良いのがありませんでした。その中でちゃんとしたゲームは一つでした。

しかしゲーム以外のアプリではすごいものものがありました。

それはvideoという最初からインストールされていたアプリです。

こちらは自分で撮った動画、写真を貸切の状態の映画館にいる感じで映画いる感じで観る事ができます。

これには驚かされました。マジで映画館そのものです。自分を見ることはできませんが、席に座って映画を観ている感じです。

そしてこれは映画館だけじゃなく、月で映画館ほどではないですが500インチほどの大画面映像を10メートルぐらい離れたところで観るに切り替えることもできるし、金持ちが持っているようなシアタールームで観るなんていうこともできます。

コレヤバすぎます。((((;゚Д゚))))((((;゚Д゚))))

映画は残念ながら予告編などしか観れませんけど、自分の撮影した旅行映像なんか観たり12才以上の人に観せてあげたりすることができます。

これは本当に神アプリでした。

それとオンライン動画サービスのネットフリックスがありますが、これがギアVRに対応していて、別荘のようなところの室内で3メートルぐらい離れたところのソファーで500インチぐらいのモニターで映画やドラマがを観る事ができます。これも非常に良いですね。

ここでポップコーンなどを食べると良いかもしれません。

その他にニコニコ動画もVRに対応していますが、別荘などで見てる感じではないですがで、なにかの空間にいてコンテンツを再生してその世界に飛び込む感じです。

 

しかしニコニコ動画などのアプリはでVRに入り込むのは、10個ほどいろいろなタイプのVRで映像などを見るアプリは画質が悪すぎます。

この画質の悪さはPSVRも一緒です。PSVRはグラフィック(質感系)はもちろん凄いのですが画質(細かさ系)が悪すぎます。

メジャーな画質が普通にゲームしたりするのが1080Pなのに対しブラン感テレビは480Pですが、VR上だと1080と公式に書いてはあるけど装着して見るとなると400Pぐらいの画質になるため、PSVRソフトのサマーレッスンにはなりますが、部屋の置時計の針がどこを指しているかは分かりますが、数字がなんて書いてあるかまでは分かりませんでした。

でも置時計に関してはわざわざそこまで手間かけて作る必要はないこと判断してのことかもしれませんが、全体的に画質が悪すぎるのは間違いありません。

ですが、最低でもVRは60フレームを常に表示できるように設計しているため、そちらで30フレームにしたいところを60フレームにしたため、てまがかかるので60フレームの代わりに画質を悪くせざる負えなかった可能性の方が高いとは思います。

それとまだPSVRが歴史が浅いので開発がスムーズにできないためか分かりませんが、その影響もあるかもしれません。

ですが奥行は実際そのものな感じなので相当面白いことには間違いがありません。

ですがVRは人間の未知の領域のせいで、慣れていないということもあるので、は速すぎる動きをするゲームなどは、ほとんどの方は直ぐによってしまいます。

私はにはなりますが、おそらく、遊園地のコーヒーカップなどのぐるぐる回る乗り物しか酔わなかったのに、レースゲームなどの素早い動きをするゲームをして10分ほどでよってしまいました。

ですのでいろんな乗り物ですぐ酔う人にはそのようなゲームはしないほうがいいかもしれません。するなら体験版がある場合そちらをプレイして確かめてから買うか決めるのが絶対いいと思います。

 

そしてスマホ用で同レベルだと思われるGoogleが販売しているデイドリームビューというのがあります。

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc-%e3%81%ae%e9%a1%94%e3%81%ae%e6%8e%a5%e5%9c%b0%e9%83%a8%e5%88%86

顔がつく部分の黒い部分は取り外して洗うことが出来るよ仕様なようです。(ギアVRも取り外せます)

まだ日本では発売されていないようですが、2016年11月に米国で79ドル発売されます。そして、なんとスマホ版ではは初のWiiリモコンのようなモーションコントローラがついていて、それを使い直感的な操作ができます。

%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc

しかしWiiモーションコントローラプラスほど細かい動きはできないみたいです。どれだけの精度でリモコンを操作できるかわかりませんが、場所問わずに体を動かしまくって体感できるVRはなかったので、素晴らしいですね。

そして、ギアVRのように専用ストアがあり、そこから質の良いVRアプリをダウンロードできます。

デイドリームビューはの場合は今のところGoogleが完全に作った新型スマホのピクセルを発売するのですが、専用ストアを利用できるのは、Googleのピクセルと中国メーカーのチョンシントンシュンという会社が販売しているZTE AXON7のスマホだけが対応らしいですが、今後ギャラクシーや、その他スマホでも対応していくみたいです。

ピクセル

%e3%83%94%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%ab

何か独特なデザインですね(°д°)

いろんなデザインのいいとこ取りをした結果こんな感じに(iPhone6)みたいになっちゃいました的な感じかな?っていうか8割ぐらいはiPhone6じゃん(笑)なにか叩かれそうな予感がします。

32ギガが米国では649ドルで販売です。

 

ZTE AXON7は日本ではいくらになるか分かりませんが、2016年12月にドコモで販売開始するようです。米国では399.99ドルらしい。

ZTE AXON7

%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%81%a7%ef%bd%8e%ef%bd%8f%ef%bc%8e%ef%bc%91%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af

素材はアルミになります。カッコイーー♡

そしてこの会社いわくスマホでのスペックは最高らしいです。そして4K動画もこの値段で撮影もできるらしい。

しかしスペックだけでは選ばないぜって感じですが、デザインもここまで素晴らしいと買いたくなっちゃいますねー。

工夫すれば他社のスマホでも利用することはできますが、ギアVRとギャラクシーでとの組み合わせることでできる、ギアVR専用に配信されているストアからの質の良いVRアプリはダウンロードできないしシネマモード的なやつも利用できませんので、その際は格安のVR程度の使い方になります。

 

ギアVR3世代目

 

ギアVR2世代目

 

 

格安のVRならほとんどのスマホに対応しているやつも沢山あるのでギャラクシーをお持ちでない方はお勧めです。

しかし格安のやつの中には頭にとり付けるバンドがあるやつでも、調整できないものがありますので、購入するときは注意してください。