WiiFitは基本的にバランスボードというボードを使ってゲームをします。

Wii U版ならゲームパットだけで使用できるやつも一部あります。

バランスボードは体重も測ることができるし、重心もしっかりと細かく感知してくれますので自分の体重がどちらに傾いてるかを調べるにも素晴らしいアイテムです。

ゲームは基本重心を中心としたゲーム作りがされています。

重心移動で飛んでくるボールをヘディングしたり重心移動でテーブルらしきやつの穴にボールを入れる競技やスキージャンプやバランスボードを使わずにWiiリモコンを振るだけでちょっとしたマラソンをして楽しむことができます。

そしてヨガ教室的な指導をしてくれるよがもありますのでヨガをしたい人はバランスボードを使い体が傾いていないかなどもチェックできるので自分の体をチャックするという面でも役立ちます。
このような遊びがヨガを含めて数十種類あります。

中には数個はクソゲーもありますが、ほとんどが面白いし、丁度いい有酸素運動にもなります。
そして自分のデータはどんどん記録してくれて、あの日からどのくらい運動してどのくらい痩せたかなどデータを残せます。

バランスゲーム9種類

ヘディング
バランススキー
スキージャンプ
コロコロ玉入れ
綱渡り
バランスMii
ペンギンシーソー
バランススノボー
座禅

 

有酸素運動9種類

フープダンス
燃焼フープダンス
踏み台リズム
踏み台ダンス
ながら踏み台
ジョギング
二人でジョギング
ながらジョギング
リズムボクシング

 

ヨガ15種類

腹式呼吸
三日月のポーズ
英雄のポーズ
立ち木のポーズ
太陽礼拝
膝を抱えるポーズ
やしの木のポーズ
腰掛けのポーズ
三角のポーズ
犬のポーズ
ダンスのポーズ
コブラのポーズ
橋のポーズ
ワニのポーズ
肩立ちのポーズ

 

筋トレ15種類

片足バランスウォーク
腕立て&横バランス
水平ひねり&横ひねり
ジャックナイフ
ランジ
ローイング・スクワット
片足ひねり
横足上げ
身体水平支持
フレンチプレス
アーム&レックレイズ
ゲットアップ
筋肉チャレンジ
腹筋チャレンジ
体幹チャレンジ

計48
WiiFit+ではこちらが追加されました(WiiFitも必要)

追加されたトレーニング

腰フリ10
サイクリング
リズムカンフー
ゴルフレッスン
セグウェイチャレンジ
パタパタ飛行
雪合戦
アスレチックMii
バランス色分け
足踏みパレード
ジャグリング
スケボー
コロコロ玉入れ+
バランスMii+
ジョギング+
ヨガ

背骨を伸ばすポーズ
かんぬきのポーズ
V字のポーズ
筋トレ
プッシュ&ヒップリフト
サイドランジ
片足コアバランス

+21で計69

 

Wii Fit U (Wii U)

 

無くなったトレーニング

無くなったのは11レーニングなのですが、「コロコロ玉入れ+」と「バランスMii+」は『Wii Fit Plus』で追加された高難度ステージだったので、それが統合されたので亡くなったのは以下の9つになります。
ペンギンシーソー
バランススノボー
セグウェイチャレンジ
足踏みパレード
ジャグリング
スケボー
ジョギング+
綱渡り
座禅

 

Wii Fit U新バランスゲーム

足踏み水鉄砲
リュージュ
ウェイター
スカイハイジャンプ
ダイビング
フリークライミング
アスレチックU

 

ダンス(新)

はじめてダンス
フラ
ジャズ
ヒップホップ
ロック
フラメンコ
ラテン
燃焼ダンス

 

Wii Fit U新有酸素運動

レガッタ
パズルスカッシュ
ながらボクシング
探してMii

計77

そしてWii Fit Uはフィットメーターといって、オプションで万歩計もあります。
万歩計はポケットに入れていても計測してくれる3Dセンサー搭載ではないのですが、その割にはちゃんと感知してくれるし、どれだけの高さを歩いたか?も計測してくれます。そしてこのデータをゲームに送ることができます。
しかしフィットメーターは特に必要ありません。
それを買うぐらいだったら3D万歩計を買ったほうが安くつくし、フィットメータ同様高さを感知してくれるのもあるし、感度もいいですからそちらを買うか、スマホアプリで無料でも質の良い万歩計がありますのでそれで十分です。

フィットメータの紹介はこちら

確かに高い時に登ったデータを記録したりできるのは楽しいし運動しようという気を起こさせてくれますが、同等の機能で安いやつで2,000ほどあれば、3D万歩計の機能もついて、よりコンパクトで売っていますので家電量販店や、ネットショップで見つけて買ったほうがいいです。

3D万歩計なら腰につけずにポケットやバックに向き考えなく入れていても正確に歩数などを感知してくれますしね。

しかしゲームと連動していたら何かワクワクすると思いますので、それならフィットメーターの方がありだと思いますが、そう思わない方ならフィットメーターは買わないほうがいいです。