とうとうXbox One スコルピオと呼ばれていたやつが、正式にXbox One Xという次世代機といっても可笑しくはない、PS4Proを超える超モンスターマシンをへと進化を遂げてついに出現します。

 

Xbox One X スペック

 

Xbox One XはあくまでXbox Oneと名前がついているので、PS4 Pro的な位置づけで次世代機ではありませんが、PS4 Proを超えるスペックに仕上がっています。

 

Xbox One X

価格:499ドル(2017年11月7日)『日本はまだ先で』

浮動小数点演算性能:6 TFLOPS

USB: USB 3.0 x 3

ビデオメモリー:12 GB (GDDR5)

HDD:1TB

フラッシュメモリー:8GB

光学ドライブ:UHD ブルーレイ対応

映像出力:最大4K

サイズ:Xboxの中で最も小さい

 

PS4 Pro

価格:44,980円(税別)

浮動小数点演算性能:4.20TFLOPS

USB:USB 3.1 Gen1 x 3

映像出力:最大4K

ゲーム映像出力:1080p~4K

CPUクロック:2.1GHz

重量:3.3kg

これは超ハイスペックゲーミングPCレベルでしょう。

価格は499ドルと値段だけ見ると、安くはないのですが、このスペックで、税込で6万程度で変えると考えたらお得ですね。

もしPCでこのスペックのゲームをしようとなると20万とかかかってしまいますので、かなり安い。

まじでヤバい物を投入してきやがったとソニーはビビっているかもしれません。

Xbox OneとPS4の時点ではPS4の方が処理能力もグラフィックも超微妙にですが上回っていますが、その上位版のXbox One XとPS4 Proでは逆転しちゃいましたね(笑)

ソニーはどうしていくんでしょうかねー。こんな怪物機器出してきたらPS4 Proは同じゲームなら勝ち目ないかもしれないぜー。

 

 

Xbox One X VR

Xbox One XはVRに対応すると言っており、オキュラスリフトなどのPC用VRにも対応するらしいです。

PS4 ProならPSVRを最大限に発揮できてると思いますが、PS4ならPS4のスペックではPSVRを最大限発揮できてないので画質が悪いのです。

Xbox OneでもVRをしようと思えば出来はするのでしょうが、Xbox OneではPSVRレベルの物でもちゃんと動かせるスペックがおそらくないです。

しかしXbox One Xはゲームは超高スペックPC並なので、PSVRレベルのものを最大限に動かせるどころか、PSVRより高性能なPC用のVRのオキュラスリフトなどを最大限に動かすことが出来るでしょう。

PSVRはゲームに特化して作られているためか、実写などのVRアプリはちゃんとデカさや奥行をちゃんと再現しているものもありますが、ゲーム以外では、ゲームに特化して作っているせいか?実写などのアプリをちゃんと作ろうとしたら、PC用など実写用にもちゃんと対応している、PC用のVRなどで実写の何かを作るより遥かに手間がかかるためか?

PSVRでの実写のVRアプリを体験するとゲームより奥行はないし、画質が悪すぎる方が現状多いです。

奥行に関してはPSVRの実写の方はゲームが奥行100だとしたら、実写の方が85ぐらいが多いです。

VRアプリで幼馴染(おさななじみ)の女子校生と一緒に帰宅する的な感じのアプリがありますが、このアプリは一部のシーンではVRというより360°見渡せる2Dの映像って感じだし、全体が巨大化して見えますので、奥行が不自然です。せめてデカさだけは自然にして欲しかった。

その点、オキュラスは実写の方もちゃんと100%性能を発揮してくれるでしょう。

こうなってくるとゲーム機でアダルトのVRをちゃんと高画質で楽しむこともできるでしょう。

なのでVRならPS4よりコンテンツは増えてくるでしょう。っていうかおきゅラスが対応した時点で、既にPC用のVRにはPSVRよりアプリやゲームが多くあるので、対応した時点で、多くの一流のアプリを楽しむことが出来るでしょう。

多分Xbox One XではPSVRも対応すると思われますし、他のPC用VRも対応してくるでしょうし、Xbox One Xの処理能力があればホログラムもXbox One Xに対応してくると思います。

 

Xbox One XとPS4 Proではどちらがオススメ?

 

実写のVRを最大限に体験したい、値段は気にしない、ソニーが販売するゲームをしないというような方なら、Xbox One Xを買ったほうが良いと思います。

ゲームの処理能力もPS4 Proより上なので、ゲームで表示できるものも多くなるだろうし、ロード時間も早くなりますので、そういう方にとってはPS4 ProはXbox One Xの劣化版と言っていいでしょう。

そしてXbox One XはXbox One同様にXbox 360のソフトをダウンロードですが遊ぶことができますし、更にXbox One XではなんとXboxのゲームをダウンロードして遊ぶことができます。つまり歴代のXboxハードのゲーム全て遊べます。しかしどのゲームソフトがダウンロードできるかは分かりません。(すべてのゲームソフトではないと思います)

Xboxのゲームが出来るということは、プレステで言ったらPS4、PS3、PS2のゲームをできるということです。

PS4でもPS3のゲームはできますが、それはクラウドでのゲームですので遅延が多少はありますけど、Xbox OneはXbox One360のゲームをダウンロードで400ぐらいはあります。PS4でのPS3のストリーミングでのゲームでまだ、220程度しかありません。Xbox Oneはこういったことは素晴らしいですね。ただしストリーミングは安くで大量のゲームを遊べるのは魅力的ですけどね。(#^.^#)

そしてXbox One Xはフルハイビジョン対応までしかテレビ等が対応していない人でもXbox One Xをプレイすると多少は画質が上がるようです。とは言っても画質が上がるのは見比べても違いが分かりづらいと思いますが。

今後のゲームの展開に期待できるのは、ホログラムも対応するであろうことを考えるとXbox One Xでしょう。

 

ゲームのVRだけでいいから最高の体験をしたいというならPS4 Proのうが1万ほど安く済むのでPS4 Proの方が良いでしょう。

ゲームの処理能力はPS4の時点で相当高いですからPS4 ProであろうがXbox One Xであろうが、リード時間にストレスが溜まるとかいうレベルっていう面ではたいして変わりません。

しかしソフトはPS4の方が良いでしょう。

マイクロソフトが出すゲームよりソニーが出すゲームソフトの方が名作は多いと思うので、ソニーのゲーム好きだーという人にはPS4 Proを買ったほうがいいかと思います。